ここに注意!フランチャイズを始めるうえで気を付けたいこと

ロイヤリティの割合について

フランチャイズの場合、そのお店のネームバリューと商品を扱うことができるため、一から商売を始めるよりも成功する確率は高くなります。ただし、上記のようなメリットがあるかわりにそれに対する対価も支払わなければいけません。一般的にロイヤリティとか加盟金とかいわれるもので、それぞれのチェーン店によって算出方法も変わってきます。一般的には売り上げに対して一定の割合を徴収する変動タイプと売り上げに関係なく一定の金額を納める固定タイプがあります。しかし、どちらも共通して言えることはフランチャイズ店が黒字でも赤字でも、売り上げが0出ない限りは必ず本社に収入が入るという点です。

特殊なフランチャイズ

ロイヤリティーの中には売り上げ変動タイプでも固定タイプでもないものがあります。コンビニエンスストアなどで採用されている粗利変動タイプです。これは売り上げから原価を引いた粗利に対して一定の割合を掛けたもので、粗利金額の多い少ないによって変動します。例えば売り上げ変動タイプや固定タイプの場合ですと原価率の割合とロイヤリティーの額によっては、売り上げが低い場合、すぐに経営に支障をきたす状況に陥ってしまいます。コンビニエンスストアの場合、商品管理から発注、あるいは人件費の割合まで本部が把握していることで、このような方式が可能になっているといえるでしょう。

経営指導に期待が持てるか

どのような業種を選ぶかにあたって、ロイヤリティーが重要な判断材料になることは間違いありません。しかし、ロイヤリティーが少々高かったとしても、商売として成功するために、きっちりとノウハウを指導してくれるタイプのフランチャイズであれば話は別です。成功までの過程を豊富な実績と経験から数値化してあるようなフランチャイズチェーンの場合は、逆にあるていど安心して経営をつづけていくができるでしょう。しかし、その反対に加盟金も支度金も安いけど、あとはほったらかしなどというチェーン店には注意が必要ですね。

代理店は、本社から一定の内容の業務委託を受けた会社が当該本社の業務を代わりに行う場合をいいます。保険会社になどにおいて多く用いられています。