直前であわてない!引越しの片付けのポイント

片付けの第一歩は、新居のイメージ

引越しの荷造りは、今の部屋を眺めて頭を抱えるよりも、まず新居のイメージを練りましょう。引越しの片付けは、必要・不要なものの選別から始まるからです。新居で使う家具は何か、それを何処に配置するか、何を捨てて何を買うか、まずはそれを考えます。棚や家電製品など、サイズのある荷物は、引越しの見積もり金額に大きく影響するため、早めに決めておくことが大切です。ものを廃棄する場合は、自治体の粗大ごみサービスか、もしくは近所のリサイクル業者を利用しましょう。

使っていないものから、早めにまとめていこう

大きな家具や家電は引越し業者が梱包して持って行ってくれますが、こまごましたものは自分でダンボールに詰めなければいけません。このとき、新居の間取りにあわせてダンボール詰めをしていくことがコツです。たとえばリビング用、キッチン用などと荷物をまとめておくと、荷解きのときに混乱しません。また、使用頻度にあわせて荷造りするのも重要です。使わずに生活できる趣味のもの、シーズンオフの衣類などから詰めていき、毎日使っている食器や日用品は引越しの直前にまとめます。

荷解きは、荷造りの逆回転で

引越し業者が家具や家電を配置してくれると、取り残されるのは自分とダンボールの山です。まず優先すべきは、生活スペースの確保と、生活習慣を確立すること。はじめに大きなダンボールから荷解きし、生活するのに十分なスペースを作ります。その後は、引越しの荷造りと逆回転で動いていきましょう。最後につめたものほど、よく使うものですので、それから取り出していきます。気晴らしに本やCDなど趣味のものを開梱するのもオススメです。焦らず、楽しく、引越しをしましょうね。

不用品の回収では、サイズの大きな家具や家電なども自宅内から運び出してもらえるため、自分で運ぶのが不可能な場合でも安心です。