運転手には様々な職業が・・・でも、職業病には共通点があった!

運転手には様々な職業があります。

運転手は運転をして収入を得ている人を言います。しかし、運転手には様々な職業があり、バス・トラック・タクシー・ハイヤーなどの多くの職業で運転手が活躍しています。自動車を運転することが本職なので、一度、自動車へ乗り込むと一日中自動車を運転しています。職業によって必要な免許が必要になりますが、トラックは大きさによりますが普通自動車第一種免許証でできる職業です。しかし、バス・タクシー・ハイヤーなどの人を運搬する仕事は二種免許証が必要になります。

運転手には二種免許証が必要な職業もあります。

タクシーやハイヤーの運転手になるには二種免許証が必要ですが、一定の要件をクリアしないと取得ができませんが、一定の条件をクリアしていると会社で免許証の取得をバックアップしている会社もあります。そのために、未経験の場合には会社が全面的にバックアップしている会社へ入社することが望ましいでしょう。二種免許証が必要になるので、非常に高い運転技術が必要となるので、一種免許証を取得後数年間が経過している人がほとんどです。

運転手に多い職業病があります。

運転手は一日中自動車を運転するために常に同じ姿勢で仕事をしているので、職業病も存在します。運転手に一番多い職業病はヘルニアです。運転手の中にはヘルニアになって常にコルセットを巻いて仕事をしている人も沢山います。しかし、運転をする職業をしている限りヘルニアになることは仕方がないことでしょう。また、夏になると常にエアコンをつけているので、血流が悪くなるので注意が必要でしょう。休日には体を動かすなどして体調管理をすることも仕事になります。

運転手の派遣には、必要なスキルを保有する人材を、必要なときに、必要な時間だけ調達できる人材派遣が便利です。必要な期間に確実に人員を確保できる他、求人広告の費用削減にもなります。